アート

 

能登では輪島塗や合鹿椀、珠洲焼など伝統的な工芸品が生まれ、そして今でも継承されています。

中谷家を舞台にした「里山ミュージアム」として能登にちなむ作家たちの作品展示会を開催し、伝統的な芸術や現代アートの文化を発信しています。

緑あふれる里山の空気を吸いながら、美味しい手打ち蕎麦を味わいながら、中谷家で心豊かな一日をお過ごしください。 


2019年定期展示会

能登仁行和紙 展

8月4日(日)~11日(日)

中谷家を通る風に静かに揺れる手漉き和紙。外の暑さを忘れさせてくれます。


マイスターズマーケット

6月13日(木)~19日(水)

里山里海マイスタープログラムで学んだ方たちが集まって、能登の新たな魅力を発信します。




能登 ものづくり展

2014年に始まった「能登・ものづくり展」では、能登を代表する作家を中心に作品展を毎年開催しています。

第5回 能登ものづくり展 (終了しました)

日時 2018年10月7日(日)~14日(日)

     10時~17時

   入場無料

場所 天領庄屋中谷家

出展作家 大宮静時(合鹿椀/工芸家)

       中山達麿(珠洲焼/陶芸家)

       赤木明登(ぬりもの/塗師)

     大江政子(ハンドメイド布バッグ)

     榎本玲子(草木染/染色家)